« 2007年4月27日 | トップページ | 2007年5月2日 »

2007年4月28日

2007年4月28日 (土)

スズメの「スーさん」

私は子供の頃から動物が苦手でした。好きか嫌いかと聞かれれば、「嫌い」。もちろん小鳥は全く興味なし。それを180度替えてくれたのがスズメの「スーさん」でした。

そして4年前の今日、スーさんは天国へ旅立っていきました。
虫の知らせ・・・と言うのでしょうか、その日は会社を休んでいたのですが、本当にあっという間の出来事で、私は両手に抱えて名前を呼び続ける事しか出来ませんでした。

      ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

Dscf0058

8年前の7月、勤め先の階段に、まだ赤肌が見える雛が落ちていました。興味が無いとは言え、無視できず近づいて見ると、まだ生きてる・・・!慌てて拾って何とか巣に戻そうとしたのですが、屋根が高い上に巣の位置も分からない。戻すのは無理だと思い、とりあえず家に連れて帰る事に・・・

小鳥を飼った事など無い私は、昔セキセイインコを飼っていた義母から「粟玉」なるもの教わり、早速雛の口に近づけて見ました。すると「パカッ」と大きな口を開けて夢中で食べ始めたのです。それはもうスプーンさえも食べてしまいそうな勢い・・・掌にスーさんの体温が伝わって来て「わぁ こんなに暖かいんだ~」と今までに感じた事の無い驚き・・・・
このたった一回の餌やりで、私の動物嫌いはふっとんでしまった気がします。

雛は一日に何度も挿餌が必要だと知り、それからはスーさんを連れての出勤となりました。幸い身内ばかりの小さな会社だったので、時間を見ては、餌をやり、うんちを片付け、休暇時間には遊んだりと、いつも見ている事が出来ました。
私の気配を察すると、「ピィピィ」と餌のおねだり・・・黒い小さな目でジィーっと見られたらもうメロメロです。とにかく楽しくて、夢中で、今まで知らなかった世界が開けたような・・・そんな感じでした。

この頃は、いずれ野性に帰そうと思っていましたが、
野鳥の生態を全く知らなかったために成長が遅れてしまい、結局家で飼う事に・・・

つづく・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月27日 | トップページ | 2007年5月2日 »