« 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月13日 »

2009年3月5日

2009年3月 5日 (木)

Nipponia nippon

100年に一度の大不況、株価の下落、リストラ、政治不信・・・・と暗い話題ばかりの今日この頃。
そんな中、地元の新聞の一面に感動的な記事が載っていました。
昨年の秋、佐渡のトキ保護センターから放鳥されたトキが長野にやって来たというのです。
Dscf2139
動画はコチラ

佐渡は海に浮かぶ島~ 放鳥されたといっても佐渡の中だけの話と思っていたので驚きました。日本の野生原種最後のトキ「キン」が死んでしまい、中国から譲り受け人工繁殖させたトキではあるけれど、野生絶滅と言われているトキが自然の中で餌をついばんでいる姿はとても感動的でした。
でも考えてみれば大きな翼を持った鳥です。どこへでも飛んでいく事ができるし、好奇心旺盛な者が餌を求めて新天地を目差して旅立ってもおかしくありませんよね~

トキについてネットでちょっと調べてみると、江戸時代には日本全国で当たり前のように見られ、田畑を荒らす害獣と言われた事もあったそうです。
それが激減したのは、狩猟による乱獲、生息地域の開発・・・・農薬の影響で餌が激減したから~とも言われますが、農薬を使い始めた頃にはもう20羽ほどしか生息していなかったとか・・・・

今までは佐渡だけの事~と思っていましたが、思いもかけず長野に飛んできた事を知って、環境の事、野生動物との共存等々・・・保護区域の中だけじゃなく、私達の身の回りについても考えていかなければいけない事なんだな~と改めて思いました。

Nipponia nippon の学名どおり、いつか日本の空のそこかしこで羽ばたくトキを見ることが出来たら素敵だろうな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月13日 »